ノーマネーデー(NMD)は手軽に節約できる!メリットとやり方解説

ノーマネーデーで食費節約

世帯年収500万台で年200万の貯金に成功した節約主婦にぼし(@niboshi_daily)です!

あんまり無駄遣いしていないのに、
なぜか毎月予算オーバーしてしまうことありませんか?

今インスタなどのSNSで話題のノーマネーデー(NMD)をご紹介します!

  • ノーマネーデー(NMD)っていったいなに?
  • 手軽に節約できるってほんと?
  • あまりお金を使ってないはずなのに
    給料日前はお金の心配をしている…

上記のような方に向けて記事です!

この記事で分かること
  • ノーマネーデー(NMD)とは
  • NMDのメリット・デメリット
  • NMD実践方法
  • NMDを増やす方法

「家計管理が面倒」・「けちけち節約したくない…」
そんな方でも無理なく食費などを減らすことができます。

少しでも気になる方は、是非最後までお付き合いください。

NMDとは

NMDとは

NMDとはNo-Money-Day(ノーマネーデー)の略で、お金を一切使わない日のことです。

現金支払いはもちろんのこと、キャッシュレス決済も対象になるので、
全く出費がない日とも言えますね。

主婦
主婦

全くお金使わないって難しいね…

気づかない間に、

コンビニとか自販機で買ってしまっているかも…

NMDのメリットとは?

NMDのメリット

NMDを実際やってみて、感じるメリットは3つあります。

  1. 衝動買いが減る
  2. 買い物にかかる時間を削減できる
  3. 家計管理が楽になる

衝動買いを減らすことで
食費などの削減ができます。

買い物にかかる時間の削減・家計管理が楽になることで、
自分時間を作ることができ、毎日の生活にゆとりが生まれます。

それぞれ細かく見てみましょう。

NMDメリット①:衝動買いが減る

NMDの一番のメリットは
衝動買いが減ることです。


スーパーで特売品を買いに行ったはずなのに、
「こっちの品も安いから」・
「おいしそうだから」と買ってしまっていませんか?

NMDを意識し、お金を使わない日が多くなってくると、
お店に行く回数やネットショップを除く回数が減るため、
目的のもの以外の衝動買いも減らすことができます。

主婦
主婦

飲み物を買うためにコンビニ毎日行ってたけど、
お菓子とかホットスナックとか
ついで買いしちゃってたな…

NMDメリット②:買い物にかかる時間を削減できる

ショッピングモールやスーパー・コンビニ等へ毎日行くとなると、
目的地まで往復する時間・買い物をする時間・買ってきたものを片付ける時間…

1回の時間は短くても、
積み重なると大きな時間となります。

普段、家事・育児・仕事などで「自分の時間が足りない…」と思っている方!
買い物でかかる時間を有効活用して、自分時間を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ネットスーパーや生協の宅配でまとめ買いするのも
目的地までの往復時間を削減できますね。

にぼし
にぼし

なんとなく買い物に行っていた時間を

ポイ活に充てるとお小遣いを稼げるよ!

趣味を楽しむのもいいね。




NMDメリット③:家計管理が楽になる

お金を使わない日が増えると、
支出の把握をするのもかなり楽になります。

買い物回数が少なければレシートも少ないので、
家計管理や家計簿の記入にかかる時間を削減できます。

にぼし
にぼし

管理がめんどくさいずぼらな私でも、
買い物回数が少ないから
無理なく支出管理ができているよ。

家計簿自体を書きたくないという方は、袋分け管理がおすすめです!

このようにメリットが多いNMDですが、
デメリットもあります。

NMDのデメリット

NMDのデメリット
  1. 1回の買い物量が増える
  2. NMDを増やしすぎるとつらくなる

NMDのデメリット①:1回の買い物量が増える

お金を使わない日が増えると、
1回の買い物量が増えます。

家にたくさんの食材があると、料理を作りすぎてしまうという方は、
NMDを減らしすぎないようにしましょう。

また荷物も重くなりますので、
メリット②で記載した
ネットスーパーや生協を使うのもいいですね。

主婦
主婦

まとめ買いは苦手だから

食品は週2~3回にして、

コンビニに行くのを減らしてみるよ。

NMDのデメリット②:NMDを増やしすぎるとつらくなる

お金を使わない日を多くしすぎると、
買いたいものが買えずストレスがたまってしまいます。

たまったストレスが買い物の日に発散されてしまうため、
かえって出費が多くなることも…

自分ができる頻度でNMDの日数を調整してみましょう。

にぼし
にぼし

わたしもNMDを週5日やっていた時は、
かなりストレスがたまってしまって…

今は週3~4日に調整して
無理なく節約ができているよ!

NMDの管理方法

NMD管理方法

NMDの管理方法はかなりシンプルです!

  • NMDの目標を決める
  • 使った金額を記入
  • 買い物をしなかった日にマークを付ける

NMDの目標を決める

全くNMDを意識していなかった人は、
週1~2日から始めてみてはいかがでしょうか?

すこし努力すると達成できる日数が、
節約できて継続もできるちょうどいい日数です。

NMDを増やせば増やすほど
節約できるというわけではないので、
自分に合った日数にしましょう。

にぼし
にぼし

週1~2日のNMDでも、
意識しないときよりは出費が減っているはず。
慣れてきたら週2~3日に挑戦してみよう!

使った金額を記入する

NMDの管理には1か月間の出費がぱっと見えるものにしましょう。

  • マンスリーカレンダー(手帳でもOK)
  • 1か月間が見開きで分かる家計簿

私が実際に使っている家計簿は100均の物ですが、
1か月のカレンダーがついています。

使った日付のところに、金額が記入できればなんでもOKですよ!

買い物しなかった日(NMD)にはマークを付ける

NMDが分かるように印をつけます。

私の場合はシールを貼るようにして、
一目で分かるようにしています。

にぼし
にぼし

シールが増えていくと、

やる気を維持できるよ!

1か月たった後に家計簿を見てみると、

頑張った日数が目に見えて
達成感がすごいんだ♬




NMDを増やすためには?

NMD増やす方法

NMDを増やすには、
・「買い物に行かないという気持ち」と
・「買い物に行かなくても生活できる状態」
どちらも大事です。

気持ちの面と
買い出しに行かなくても大丈夫な状態を作り出すには、
モチベーションとストックがカギになります。

  1. モチベーションを上げる
  2. ストックを準備しておく

この2点について詳しくお話します。

モチベーションが上がる工夫をする

NMDを日々意識するだけではモチベーションは持続できません。

モチベーションを上げるためには、以下の3つが効果的です。

  • NMDにシールやマークを付ける
  • つもり貯金をする
  • 自分にご褒美をあげる

NMDにシールやマークを付ける

NMDの管理法でもご紹介した、
お金を使わなかった日にシールを貼るという方法は、
一目で努力が見えるので意欲がわいてきます。

シールにこだわらなくても、
イラストやマークでも充分効果が期待できますよ。

つもり貯金をする

毎日購入している物がある場合は、
買ったつもりでその金額を貯めてみましょう。

1か月間で節約できた金額が一目でわかるので、
来月も節約できそうですよね。

主婦
主婦

つもり貯金で貯めたお金を

家族の外食費にしてみようかな。

自分にご褒美をあげる

お金を使わない日を増やすことができたら、
自分にご褒美をあげるというのもモチベーションアップに効果的です。

ご褒美の注意点

頻繁にご褒美と称して出費をしていると、
今まで以上にお金がかかる場合があります。


頻度と金額はあらかじめ決めておきましょう!




ストックを用意する

ストックは外食費の節約だけでなくNMDを増やすことにも役立ちます。

満足度を下げずに外食費を減らす方法とは…

食品の場合

生鮮食品などは次の買い出しまでに鮮度が持つものは少ないため、
小分けや下茹でして冷凍するとよいでしょう。

また調理したものを冷凍や冷蔵しておくのも
あとの手間が省けるため便利です。

また冷凍野菜や乾物(春雨・ひじき・わかめなど)を
積極的に料理に取り入れる方法がおすすめです。

日用品の場合

つかうものは1か月分まとめ買いします。
その際、事前に在庫を確認し、メモしておきましょう。

買い漏らしや重複をなくす意味でも準備が一番大事です。

まとめ買いのポイント
・買い漏らしが発覚しても、代用できれば次の買い出しの日まで買わない
・在庫チェックは2回行う
・ストックは収納できる分だけ

まとめ買いをしすぎると管理が難しくなったり、
部屋や収納を圧迫するため適量が大事。

日用品は重いものやかさばるものが比較的多いため、
楽天お買い物マラソンなどを利用してお得に買い物しちゃいましょう!

ポイ活をされている方は、ウェル活がオススメです。



まとめ:NMDは手軽に節約できる!

いかがだったでしょうか?

  • ノーマネーデー(NMD)とは
  • NMDのメリット・デメリット
  • NMD実践方法
  • NMDを増やす方法

NMDについてお話してきました。

もう一度メリット・デメリットについておさらいしておきましょう。

NMDメリット

  • 衝動買いが減る
  • 買い物にかかる時間を削減できる
  • 家計管理が楽になる

NMDデメリット

  • 1回の買い物量が増える
  • NMDを増やしすぎるとつらくなる

お金の節約だけでなく、時間の節約も可能なので、
是非一度試してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA