安全なアンケートサイトの見分け方を徹底解説!

アンケートサイトを登録する際には、安全性の確認が必須。

アンケートサイトを利用するには、個人情報の登録が必要です。個人情報を詳細に登録すればするほど高単価な案件が紹介されやすくなります。

安全性の高いアンケートサイトを利用するためにも、見分け方をしっかりマスターし、個人情報を間違いなく登録して、ポイントを効率よく稼いじゃいましょう!

この記事でわかること

  • アンケートサイトに個人情報を登録する訳
  • 安全性が重要な理由
  • 安全性を判断する7つの基準
  • 安全性を高めるために個人でできること

アンケートサイトの安全性が重要な理由

最適な市場調査を行うために、アンケートサイトへの登録には個人情報が必要です。

安全性が低いと高まるリスク

  • 個人情報が流出するリスク
  • 怪しい勧誘や詐欺にあうリスク

安全性が低いアンケートサイトに登録してしまうと、上記のようなリスクが高まります。

アンケートサイトは、モニターに安心して調査協力してもらえるよう、セキュリティに力を入れています。アンケートサイトに登録する際には、安全性を確認しましょう

安全性を判断するポイント

安全性を判断するポイントは7つあります。

  • 運営会社・運営歴
  • JMRAの会員か
  • 登録会員数
  • プライバシーマーク取得の有無
  • SSL/TLS暗号化通信の適用
  • ポイント交換がしやすいかどうか
  • 評判(口コミ)

運営会社・運営歴

安全で信用できる会社であれば、商品モニターの調査や座談会などに、安心感をもって参加することができますね。

安全性のすべてが運営会社・運営歴で決まるわけではないですが、運営歴が短い会社や知名度が低い会社は信頼度が低くなります。

JMRAの会員か

JMRAは、マーケティング・リサーチを実施・利用する者の行動基準となる基本原則を定めた「マーケティング・リサーチ綱領」を作成しています。

マーケティング・リサーチ綱領の基本原則は、下記のように記されています。

1. リサーチプロジェクトにおいて調査対象者からデータを収集する場合、リサーチャーは収集する項目、収集の目的、どのような形式で誰に提供される可能性があるかについて、調査対象者に明示しなければならない。

2.リサーチャーは、調査対象者の個人情報を不正なアクセスから保護し、調査対象者の同意なしに開示されないようにしなければならない。

3.リサーチャーは常に倫理的に行動しなければならず、調査対象者に損害が及んだり、マーケティング・リサーチの社会的信頼を損なうような行動をとってはならない

引用:日本マーケティング・リサーチ協会/マーケティング・リサーチ綱領/基本原則

JMRA会員が守る【マーケティング・リサーチ綱領】には、個人情報の保護やアンケートサイトの行動規範について記載されているため、JMRAの会員かどうかも安全性を判断する1つの基準となります。

会員登録者数

会員登録数が多いサイトは、膨大な数の会員情報を適切に管理しなければなりません。会員数が多くて問題が起きていないサイトは、安全と判断できる1つの指標となります。

プライバシーマーク取得の有無

個人情報を適切に取り扱っていると評価された事業者が取得できるマークのこと。

引用:プライバシーマーク制度/日本情報経済社会推進協会

プライバシーマークは、企業が個人情報に対してしっかり対策を講じているか確認できるマークです。

個人情報の流失は一番避けたいこと。マークが取得されているアンケートサイトを選びましょう。

SSL/TLS暗号化通信が適用されているか

SSL/TLSは、通信途中での情報漏洩を防ぐ目的で利用されています。より詳しく知りたい場合は、安全な接続方法「SSL」や「TLS」とは?(canonサーバーセキュリティ情報局)をご覧ください。

SSL/TLS暗号化通信が適用されていると、入力データが暗号化されるため、個人情報が簡単に読み取れないようになります。

SSL/TLS適用の有無が分かる方法

  • URLの先頭が「https://~」
  • ブラウザにカギマークが表示されている

見分け方は簡単なので、個人情報を入力するページでは必ず確認をしましょう。

プライバシーマークやSSL/TLS暗号化通信については、サイトのTOPページや情報の取り扱いなどに記載されています。

ポイントが交換しやすいか

安全なサイトは、交換可能額も適正な価格に設定されています。

サイトによって最低額は異なりますが、3か月真面目にやっても交換可能額に達しない場合は、利用をやめ違うサイトを利用しましょう。

にぼし
にぼし

交換可能額500円相当ぐらいが一番多いかな…?

評判(口コミ)

評判や口コミは判断材料の一つ。

個人情報に関する口コミや悪い口コミがないか確認します。評判や口コミですべてを判断するのは危険ですが、判断材料の1つとして検索してみましょう。

安全性は、セキュリティ面からだけでなく運営会社や評判なども確認することで、より正確に判断できます。

安全性を高めるために個人でできること

安全性が高いサイトでも100%安全とは言い切れません。

  • パスワードの設定
  • 外出時のwi-fi
  • セキュリティソフトの導入

どれも安全性を高めるには必要なことです。アンケートサイトを利用する際には意識しましょう。

パスワードの設定

アンケートサイトに登録する際、パスワードの設定が必要です。

パスワードを使いまわしたり、単調なパスワードを利用するのはやめましょう。どこかのサイトでパスワードが流出したり、特定されてしまった場合、個人情報を抜き出されたり、アカウントを乗っ取られてしまいます。

安全なパスワードの設定

  • 大文字、小文字、数字、記号を組み合わせる
  • 他者に推測されにくいパスワードにする

個人情報を含んだ文字・数字の羅列、同じ文字や英単語のみのパスワードは、他者に特定される可能性が高いです。より安全なパスワードにしたい場合については、日本コンピューターサイエンスの安全なパスワードの作り方をご参照ください。

パスワード管理が面倒という場合は、パスワード管理ツール【1Password】を利用してみてください。

パスワード管理ツール:1Password

  • 2.99$/月で強力なパスワードの保存・使用が可能。
  • 14日間無料でお試し

1Passwordは、即座に強力なパスワードの作成・保存でき、次回のログイン時にもすぐに利用可能なため、一切パスワードに悩むことがなくなります。

外出時のwi-fi利用

外出時にWi-Fiを利用する際は、正規に提供されているWi-Fiだけを利用しましょう。正規のものでない場合は、通信内容を盗聴されたり、個人情報を盗まれる恐れがあります。

外出時で安全にwi-fiを利用する方法

  • 世紀に提供されいているwi-fiを利用する
  • SSL/TLS暗号化通信が適用されているサイトのみ利用する
    (URLがhttps://で始まっているサイト)

アンケートサイトの登録や、銀行口座を登録など個人情報を保存しておく場合は、モバイル通信または自宅のwi-fiで行いましょう。

セキュリティソフトの導入

パソコンやスマホには有料のセキュリティソフトを導入しましょう。

アンケートサイトを利用する以外に、キャッシュレス決済アプリや銀行アプリをスマホに登録していませんか?スマホ自体も今や個人情報の塊です。

ウイルス感染で個人情報を流出させないためにも、セキュリティソフトは必要です。

セキュリティ対策送付とはウイルスバスタークラウドがおすすめ!

  • 1つの購入で3台までウイルス対策可能
    (PC、スマホ、タブレットなど組み合わせ自由)
  • スマホやタブレット1第だけの商品もあり
    (ウイルスバスターモバイル)

ダウンロード3年版

13,580円+2か月無料

まとめ:アンケートサイトの安全性は必須

アンケートで稼ぐ場合、アンケートサイトの選択を間違えないように注意しましょう。安全性は一番重要な判断基準です。安全性が低いと個人情報の流出や詐欺にあうリスクが高まります。

安全性が高いか判断するポイントは7つです。

  • 運恵右会社・運営歴
  • JMRAの会員か
  • 登録会員数
  • プライバシーマーク取得の有無
  • SSL/TLS暗号化通信の適用
  • ポイントが交換しやすいかどうか
  • 評判(口コミ)

アンケートサイトの安全性が高くても、自分の使い方次第で安全性は低くなってしまいます。

安全性を高めるための方法は3つです。

  • パスワードの設定
  • 外出時のwi-fi
  • セキュリティソフトの導入

アンケートサイトを安心して利用するために、個人でできる対策も合わせてやっていきましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA